読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多田の日記

普通の人のただの日記

2回目のディナーデートに各国料理・エスニック料理をオススメする3つの理由

恋愛

f:id:y_data:20160630005821j:plain


 【問題】
 あなたは気になる女性を初めての食事に誘いました。何を食べに行いきますか?

 
 【正解】 
 イタリアン


 デートの1回目はイタリアンが正解です。
 これは私が初めて女性を食事誘う前、一番の友人にどんなお店に行けばいいか相談したときに教えてもらったことなので間違いありません。、
 
 
 実際イタリアンが苦手な人はほとんどいないですし、一般的に女性はチーズが好きです(偏見)。
 そして、そこら辺の居酒屋に行くよりも、「おいしい店を知っている人」、「おしゃれな人」のイメージを付けることができます。多分。


 しかし、2回目のデートとなると迷うところです。
 
 いくら無難な選択肢といえども、2回連続でイタリアンは厳禁です。パワプロでも、2回連続で同じ場所に行ったら、彼女候補の好感度は間違いなく下がります。
 
 フランス料理は悪くない選択ですが、基本的に値段が高いですよね。まだ付き合えるかわからない段階ではそんなにデートでお金をかけたくありません。 
 
 カフェ風レストランやお洒落な居酒屋は無難な選択肢ですが、インパクトに欠けます。2回連続で無難で面白みのない選択をするのもイケてないです。ちなみに前述の僕の友達の答えはこれでした。
 
 お酒を飲めない女性なら、おいしい洋食屋はありだと思います。でも、やっぱりお酒は欲しいですよね(まあ2軒目でバーに行けばいいのでしょうが僕のような初心者には難しいのです)。

 と、色々候補はありますが、どれも決定打に欠けます。


 熟考を重ね、試行錯誤の末に私が至ったのが見出しの結論です。そう各国料理・エスニック料理です。
 ※各国料理とは…ここでは、イタリア、フランス、中国、韓国を除く各国の料理ぐらいの意味です。エスニック料理というと、主に東南アジア料理がイメージされるためこうい表現をしています。
 
 2回目のデートで各国料理・エスニック料理を食べに行くことの利点は以下のとおりです。

1、次のデートに誘いやすい

 付き合いが正式に始まる前に次のデートを誘うのが、私は超苦手です。何かきっかけがないと誘いづらいのです。
 そんなとき各国料理・エスニック料理のお店を知っているといいきっかけになります。
  

【例】  
  
 トルコに旅行に行ったときに食べたトルコ料理おいしかったなあ。
 わたしトルコ料理食べたことな~い。
 そうなんだ、この近くにおいしいトルコ料理の店あるよ。今度一緒に行かない?
 知らなかった~。そんなお店知ってるなんて僕君かっこいい。明日行きましょう!
 
 まあ、ここまで話が早いことはいですが、1回目のデートでこれまで行った国の話や好きな料理の話は出てくることが多いので、結構自然な流れで次会う約束ができます。

2.「エスニック料理効果」が期待できる

 イタリアンや中華料理は日常でもよく食べますが、ブータン料理やブラジル料理なんて普段絶対食べないですよね。だからこそ一緒に食べることで、2人で海外旅行に行っているような錯覚に陥って、距離が一気に縮まるのです。
 これを吊り橋効果ならぬ「エスニック料理効果」と言います。まあ、言っているのは僕だけですが。

3.会話のネタになる

1回目のデートはお互いのことを知らない状態から始まるので、あまり会話は途切れません。でも2回目のデートでは、お互いの基本情報を交換し終わっているので、共通の趣味がない限り結構会話を続けるのに苦労します(僕の場合は)。
 各国料理・エスニック料理のレストランではこれまで食べたことのないような料理がでてくるので、料理自体が会話のネタになります。

注意点

 各国料理・エスニック料理が苦手な人は結構います。1回目のデートで必ずお相手の嗜好を確認しておきましょう。スパイシーな料理が苦手な女性なら、おとなしくお洒落な居酒屋か安いフランス料理の店にでも連れていくべきだと思います。



 次回は「では、具体的にどのお店に行けばいいのか」です!!というより、次の記事を書くためにこの記事を書いたようなものです。

tada.hatenablog.jp