多田の日記

普通の人のただの日記

野球って球場で観るよりテレビで観た方が絶対楽しいよね

f:id:y_data:20170302025857j:plain


www.asahi.com

  最近プロ野球の観客動員数がすごく良い。

 僕も年に1回か2回は京セラドームや甲子園で観戦しているけど、観客の多さに驚かされます。甲子園での巨人阪神戦が混むのはまあわかりますが、京セラドームでの「オリックス対ロッテ」みたいな誰も結果を気にしていないようなカードでもそれなりに客が入っています。

 でも、球場で観戦するたびに僕が思うのは、「生観戦最高だあ!」ではなくて、「野球は自宅でみるに限るなあ」という何とも残念な感想です。だから、球場で大勢の観客をみると、「自宅で見た方が楽しいのに何でみんな高いお金を払って球場に足を運ぶのかな?」と疑問に思います。
 
 誤解しないでもらいたいのですが、僕は決して野球が嫌いなわけではありません。むしろ大好きです。小学5年生の頃に松井秀喜に憧れて巨人ファンになってから今日にいたるまで、野球はずっと一番好きなスポーツです。

 僕が言いたいのは「野球は球場で観戦するよりもテレビ(あるいは最近であればネット中継か)の方がより楽しめる」ということです。

 すべてのスポーツについて、現地で観戦するよりもテレビで観戦した方が楽しめるとは思っていません。例えばサッカーはテレビでみるよりもスタジアムで観戦した方が僕にとっては楽しいです。野球、サッカー以外のスポーツを現地で観戦したことはないけれど、おそらく野球以外のほとんどのチームスポーツは現地で観戦した方が、全体の動きがみれるし臨場感があって楽しいと思います。逆に、陸上や格闘技などの個人競技は、テレビ観戦の方が、迫力があって楽しめるだろうと思います。

 ではなぜ野球はチームスポーツにも関わらず、現地で観戦するよりもテレビで観戦した方が楽しいと感じるのでしょうか。

野球の魅力

 
 端的に言うと、「テレビ観戦の方が野球の魅力を堪能できる」ということだと思います。

 野球は言うまでもなく9人対9人のチームスポーツですが、野球が他のチームスポーツと異なるのは、18人全員が一斉に動くことはなく、投手対打者1人対1人の勝負が繰り返されているというところです。言わば、野球は個人対戦の積み上げなのです。そういった意味で、陸上や水泳のリレー競技に近いところがあるように思います。
 
 別にこのこと自体は野球の欠点ではありません。むしろ、僕はそれこそが野球の魅力だと思っています。1人対1人の勝負だからこそ、そこに泥臭いドラマが生まれるのです。
 
 野球中継の優れているところは、その野球の魅力である「1対1の勝負」を綺麗に切り取ってみせてくれるところにあります。球場観戦では、全体を俯瞰してみることになるので。一番の魅力である投手と打者の勝負が距離的、角度的によくみえません。投手の投げたボールがストライクかボールか判別することさえできないのです。

 つまり球場は1対1の勝負を観戦するには大きすぎるのです。極論を言うと、相撲や卓球を野球場で観戦しても、臨場感を感じることはできないのと同じで、どこか物足りません。

 「投手と打者の勝負」に次ぐ野球の魅力は「守備」だと思いますが、それもやはりテレビ中継の方が優れています。球場では、速く小さいボールの行方を追いきれないこともあるし、選手も遠くて細かいプレーまでみることができません。まあ、私の目がとりわけ悪いということもありますが、球場は大きすぎて、見たいものが小さすぎるのです。
 
 こんなことを言っていると、野球ファンの中には次のように反論する人もいるかもしれません。「球場では打者ごとに変わる選手の守備位置とか、守備のときのボールに触っていない選手の動きがよくわかる!」と。

 まあ、これは間違いではないですが、こんなものは野球観戦するうえで、超ニッチな嗜好です。アダルトビデオの冒頭のドラマシーンと同じで、ほとんどすべての人にとって、見る価値のない部分なのです。
 

球場観戦は疲れるし危ない

 テレビ観戦の方が、球場で観戦するよりも野球の魅力を堪能できることに加えて、球場観戦はとても疲れます。僕が現地に観戦に行ったとき、当然贔屓のチームの勝利を願ってはいますが、それ以上に、心の中では「早く終わること」を願っています。

 2016年のプロ野球の平均試合時間は3時間15分だそうです。
 (2016年 セ・パ公式戦 平均試合時間 | NPB.jp 日本野球機構

 これって、長すぎませんか?

 映画だって、3時間もある作品はよほど面白くないと最後まで見通すことは苦痛ですよ。まして、野球は映画のようにドラマチックな展開ばかりではないのです。さらに悪いことに球場の座席は映画とは比べ物にならないくらい狭くて居心地が悪いですし。
 
 試合が終わったあとの、満員電車も地獄です。何万人もの人間が試合終了と同時に帰路に着くのだから、その混雑は通勤ラッシュの比ではありません(関西では)。最寄り駅に向かうまでの道のりも最悪ですね。3時間も試合を観戦して、満員電車にゆられ、家に着いた頃にはもうへとへとです。

 また、野球を現地で観戦することは、他のスポーツと比べ危険です。客席に飛び込むファールボールやホームランボールが直撃するリスクがあります。だから、私は観戦中、常に少し緊張しています。
 

これからの野球観戦

 個人的には、近年球場に人が押し寄せているのは言わば「球場バブル」であり、すぐに下火になるのではないかなと思っています。「応援したい」「騒ぎたい」といった需要は一定あると思いますが、「野球観戦を楽しみたい」人は球場に足を運ばなくなると思うからです。

 といっても、近年はテレビ中継も減っているので現地で見るしかない人もいるでしょうね。だから、今後はMLBのようにネット配信がもっと活発化すればいいなあと思っています。野球好きは大抵の場合データ好きです。ネット配信はデータ好きとの相性がいいだろうとなあと思います。ネットで中継をみながら、自分のタイミングで各選手の過去の成績や経歴、さらにコース別打率や配球傾向などあらゆる情報にアクセスできたら楽しいだろうなあ。

 そう考えると、「球場バブル」がはじけるのはネット中継がもっと整備されてからかもしれませんね。

 ではでは、今日は以上です。