読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多田の日記

普通の人のただの日記

行きたくない会合がある日には

少し先にとても行きたくない会合がある。いきなり声がかかったので、思わずその日は予定がないと答えてしまった。これがメールでの出欠確認だったら、冷静に行くべき会合かを考えて、「その日は別の予定があって…」と断れたのだけど。

 ただ、その日の会合は夜にあるので、「別の予定がある」とはどちらにしても言えなかっただろうなあ。日本にいるときなら「予定がある」と言えば、まあ大抵の人は深く突っ込むことなく納得してくれるけど、こんな辺境の異国の地で夜に予定があるわけがないのだ。実際、こっちにきてから夜予定が入っていたことはない。

 ちなみに、日本で仕事をしていたときは、仕事関係で嫌な会合(主に飲み会ですね)があるときは、可能であれば、午後だけでも有給休暇を使うようにしていた。同じ職場の人に、「あいつ理由もないのに飲み会に参加しなかった」と思われるのは避けたいところ。誘われたときに、「あ、その日は有給とるつもりなんですよ」と言えば、相手は勝手に「何か予定があるから仕方ないな」と思ってくれるだろうという算段だ。まあ僕は頻繁にこの手口を使っていたので、もはやバレバレだったかもしれないけれど。

 日本にいたときからいつも思っていたんだけど、なぜみんなわざわざ会合を開いて、大して仲の良くない人まで誘おうとするのだろう。そんなの、楽しくないやん!仲いい者同志で楽しめばいいじゃん!僕みたいなしけた人間が入ったらそっちだって楽しくないんじゃないの?それとも、別に来てほしくはないけど、義理で誘ってくれてるのかな。はっきり言ってそれなら余計なお世話、ありがた迷惑だ。

 なんか考えれば考えるほど行きたくなってきたなあ。もう行くのはやめようかな。ただ、もっともらしい理由を考える必要があるなあ。この狭い日本人コミュニティで目をつけられるのは得策ではないし。とりあえず、その日旅行に行くということにしようかな。でも、「なぜ急に」というのは絶対思われるしだろうし、最初「その日は予定がない」と答えた以上、あえて旅行をかぶせたのはバレバレだろう。

うーん、どうしよう。日本から遠く離れたこんな辺境の地でも、日本人との関係に頭を悩まさないといけないとは。子どもの頃、大人になったらもっと自由になれると思っていたけど、大人になってみたら全くそんなことはなかったように、日本を飛び出しても自由なんかないんだなあ。

ああ面倒くさい。今日は以上です。。

広告を非表示にする