多田の日記

普通の人のただの日記

僕に大食いの才能はなかった

 どうもです。 

 海外で生活するようになって、食べ物に対する欲求不満がたまっていることを感じています。

 スシローや王将などチェーン店のホームページを眺めたり、ジャンキーな食べ物をレビューするサイトやブログを閲覧したりしていると心が落ち着いてきますし、暇つぶしにYouTubeでグルメ番組を視聴するようにもなりました。正直なところ、日本にいるときは、グルメ番組なんて低俗なものだと思っていたのですが、今では中学生がエロ動画をみるように釘付けになっています。人間やっぱり性欲より食欲ですね。

 グルメ番組の中でも、特に好きなのが大食い番組です。3人の大食い女性がチェーン店の全メニューを食べつくす企画がお気に入りです。もえあずかわいいよもえあず。


牛角VSメガ盛り女子 全メニュー制覇すると一体いくら?

 彼女たちは、1人で5kgから8kgぐらい食べるので、「自分も3kgぐらいなら食べることができるのではないかな」というような気になってきます。特に僕は日本ではコンビニ漬けの不健康な生活を送っていたこともあり、こちらに来て「毒素」が抜けて、たくさん食べることができるようになったような感覚もありました。



 数日前、大食いできるようになっているか確認できる機会が訪れました。ある会合が中華料理店でひらかれたのです。この手の会合では大抵の場合、どれだけ食べても、しがない協力隊員は自己負担金が少なくてすみます。僕はすべてのお皿を空にする心意気で食事に向かいました。

 写真をとっていないのであまり覚えていませんが、8品ほどの料理が並びました。私は大皿からとりわけて、会話にもほとんど入らず、ひたすら食べ進めました。でも、徐々に箸がとまりはじめ、会が終了する頃には、大皿にはまだたくさん料理が残っていたにも関わらず、お腹がいっぱいになってしまっていました

 もちろん、話にもほとんど加わることなく食べていたので、会の中では最も食べていた人の一人ではあると思います。ビールを飲んでいたので、それがなければもっと食べることができたでしょう。でも、その食べっぷりは、あくまで「普通」のレベルを超えるものではありませんでした。某番組の「メガ盛り女子」たちであれば、おそらく、残った大皿を空にすることができたでしょう。



 これもYouTubeでみたのですが、大食いの人たちは、胃の位置が普通の人より低い位置にあるため、あばら骨や臓器に邪魔されることなく収縮することができるようですね。大食いは、努力でどうにかできるものではないまさに天性のものなのです。僕が生活習慣を改めて少しトレーニングをしたところで絶対に埋まらない差がそこにはあるのです。


大食いアイドルもえあず食トレに密着!衝撃のレントゲン写真?!

 こういう努力では絶対どうしようもない才能の差というのは他にも色んなところにあるんだろうなあと思うと少し悲しくなりますね…


 以上です。